創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪

最新のギャラリー一枚の繪の情報はこちらから。

羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−
羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−
「秋桜」 油彩10号 367,500円

−花を描く−その事が私の絵画人生の幕開けでした。
春夏秋冬、夢中で絵筆を動かして・・・そして30年。
愛しい花達に導かれてとても幸せな時間でした。
銀座の花園にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

羽倉恭子
会期
8月30日(月)〜9月9日(木) 
会期中無休 11:00〜19:00
(日曜日18:00まで、最終日17:00まで)
※8月30日(月)17:00よりオープニングパーティ
作家来場日
9月6日(月)以外、会期中午後より来場

月刊「一枚の繪」9月号掲載記事より
いま何を感じ、考え、描いているのか。新進画家から人気画家まで、近況や画境をご紹介します。

羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−

今回のアーティスト・ナウは四季折々の花を描く羽倉恭子さん。9月の個展に向けて制作中のアトリエにお話をうかがった。

羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−

Q 作品で表現したいものとは?

四季の移ろいを花から感じ、自然の素晴らしさや短いながらも命の輝きを放った花を見るよろこびといった、私自身が抱いた印象を画面に表現しようと思っています。花を見つめていると、色彩や造形に感動を覚えます。不思議なことに、メッセージのない花はないんですね。
また、大事にしているのは偶然なんです。二度と出合うことがないかもしれない、今ここで巡り合った花を描こうと。だからかもしれませんが、私の絵は花によってころころと変わって見られることがあるんです。カサブランカを描くと強い調子になったり、矢車草だと色も形もやさしい調子になったり。意識しているわけではなかったんですけれど、モチーフ(花)によって絵って変わるものなんだなと思うんです。
私は、自分の感性、感覚を大事にしています。私の絵の師は花。他の先生方の作品を観ることも大切ですが、何よりも、師である花を見続けていたいんですね。

 「花の画家」といってもよいほど、四季折々の花々を描き続けている羽倉恭子さん。今年で画業30年を迎える現在、個展やグループ展、公募展では東光会会員として作品を発表している。

羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−
「太陽花」 油彩P10号 367,500円
羽倉恭子展 「画業30周年」−四季の花綴り−
羽倉恭子先生

Q 画家を志した理由は?

小さい頃は、画家になろうとか絵が特別好きだという意識は全然なかったんです(笑)。絵を教えてくれたのは母でした。小学校4年生の時、コンクールで絵を描くことになって、家の近所にあったおいも畑を描いたんです。それを母に見せたら、弱々しい絵に見えたんでしょうね。絵を直してくれたんです。その直したものを提出したら、学年代表になってしまって! それからどうも絵に自信がついたみたいなんです(笑)。でも、その後他の画家の皆さんのように、本格的に絵を習ったり美術部に入ったりということはなかったんですが、絵は好きだったので、何かことあるごとに描いていましたね。学生の頃も、社会人になってからも。
主人(中谷時男)と結婚してからも、まだ本格的に絵を描きはじめることはなかったんです。家事に育児にと忙しかったですね、当時は。子供が3人いるんですが、下の子が小学校に入学した頃から、本格的に絵を描きはじめました。少し時間ができるようになって、主人が絵の指導などで近くの学校のアトリエに行っていて、自宅のアトリエが空いている時などに、私も描くようになったんです。絵を描く環境が揃っていたことと、主人も、私が絵を描くことに理解を示してくれたことは恵まれていたなと思います。

 絵筆を手にとり画業をスタートしてからは、今まで、絵に対して静かに抱き続けていた思いが開花したかのように、四季折々の花々をキャンバスに描き続けていった。

 

・・・・続く  この続きは一枚の繪9月号で御覧ください。
TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。