創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪

最新のギャラリー一枚の繪の情報はこちらから。

伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−
「プレゼント(街角)パリ」 F8号 252,000円
伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−
会期

9月30日(金)〜10月10日(月・祝)
11:00 〜 19:00(日、祝、最終日、17:00まで)
会期中無休

作家出席日 9月30日(金)〜 10月3日(月)、5日(水)、
7日(金)、9日(日)、10日(月・祝)
今までに訪れたヨーロッパの街―。光と影が織り成す美しい中世の街並を、青を基調としたトーンでリズミカルなタッチで描く、ウィーン、プラハ、ヴェネツィア、パリなどの新作約30 点を発表します。是非ご高覧ください。 
伊藤直
 

いま何を感じ、考え、描いているのか。
新進画家から人気画家まで、近況や画境をご紹介します。

伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−

今回のアーティスト・ナウは伊藤直さん。
ギャラリー一枚の繪では二回目となる個展をひかえ、
制作中のアトリエでお話をうかがった。

伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−
「フラメンコ」 F10号  315,000円
伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−
「運河とゴンドラ」 F6号 189,000円

伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−

ヨーロッパの建造物に魅せられて

Q 作品で表現したいものとは?

A 以前は、心象画を描いてもきたのですが、ここ最近は、画家の視点から見たヨーロッパの風景に自分自身の心象を入れた、光と影で織り成すタブローを描いています。これからも、それを表現していきたいと思っています。テーマや表現したいものって、描いていかないといけない、描き続けてこないと見つかってこないものなんです。頭の中で考えているだけでは(描きたいものなんて)見つかってこないですから。常に手を動かして描きながらキャンバスの上から自分のイメージが膨れあがってきて、そこから表現したいものが探し出せるのではないかと思うんです。

伊藤直 油彩画展 −色彩が奏でるヨーロッパの詩情−
伊藤直先生

Q ヨーロッパの風景を描くきっかけは?

A 15年ほど前、ヨーロッパに行った折に見た、ルネサンス様式やゴシック様式といったヨーロッパ独特の建造物が、すごく強烈な印象で頭に焼きついてしまいました。それまでも写真を見たりしていましたが、そこからですね、描きはじめましたのは。
  日本の建物、特に屋根の形なのですが、イタリアのドゥオーモやスペインのカテドラルなどの(聖堂の)建築様式の違いと迫力が想像以上でした。とりわけ大理石に刻まれた彫刻がすごいですね。それがヨーロッパ中、形を多少変えつついたるところにある。実際に目の前にして、「これだ!」という思いが自分の中で強く感じ取ることができました。自然の風景の中にも本当によくマッチしていますし、月並みな言葉ですが、きれいなんですね(笑)。オーストリアのハルシュタットの湖畔なんかを見ていると。自分で絵筆を走らせたくなるんですね。

・・・・ 続く。この続きは月刊一枚の繪9月号で
 
TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。