創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪

最新のギャラリー一枚の繪の情報はこちらから。

杉本雅士展 −風のゆくえ−
「雪の窓」油彩8号
杉本雅士展 −風のゆくえ−

ギャラリー一枚の繪では二回目の個展となります。柔らかい光、やさしい風に包まれた少女を描きました。六から十号を中心に二十数点を展示します。風を感じていただければ幸いです。お待ちしております。

杉本雅士
会期

2014年8月18日(月)〜30日(土)

作家在廊日

月曜・水曜・金曜・土曜の午後

8/16(土)、17(日)、31(日)は休廊させていただきます。

 

いま何を感じ、考え、描いているのか。新進画家から人気画家まで、近況や画境をご紹介します。
杉本雅士展 −風のゆくえ−
子供を描き続けて

Q 一貫して子供を描き続けていらっしゃいますが、モチーフとしての子供の魅力は?

A はじめは静物を描いたり、画面の一部に人物が入ってきたりはしていましたが、モチーフは人物と特定してはいなかったのです。ただ学生時代に見た藤井勉さんの作品─安井賞を受賞される前の特別賞をお取りになった絵の印象がずっと頭のどこかに残っていて、人物を描いてみたいなという思いはありました。そして結婚して子供が生まれ、子供たちを見ているうちに描いてみようかと思い立ち、最初に本格的に描いたのが長男が二歳の時。その後、三人の娘たちをモデルに描くようになりました。

 娘たちが大人になってからも何点か描いていますが、人物画の中でもモチーフとして自分の興味は一貫して子供なんです。子供の醸し出す独特の雰囲気が好きなんですね。子供というのはやはり、未来や希望、これから先に向かっての明るさのようなものを感じさせてくれる。見ているとホッとしたり癒されたりする存在ということが、自分にとって大きいですね。

 大人になると一人の女性としての個の部分が出てきて、その女性の在りようを描く要素が強くなってきます。子供に個性がないというわけではないけれど、はっきり個が確立する以前の普遍性を象徴する存在として、子供のほうが自分の想いを表現しやすい。その子の姿を借りながら、言葉にできないその時々の想いを託して描いているところがありますね。
杉本雅士展 −風のゆくえ−
「ほのか」油彩8号
杉本雅士展 −風のゆくえ−
杉本雅士先生
・・・この続きは一枚の繪2014年8月号で
TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。