創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪

最新のギャラリー一枚の繪の情報はこちらから。

滝田一雄展 色のハーモニー
 「麗」 油彩S10号 
滝田一雄展 色のハーモニー
今回は油彩中心の個展になります。人物、花、風景を色面構成しながら描いております。描く喜びと苦しみがキャンバスの上
で交錯し、新しい形が生まれます。ぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。
滝田一雄
会期
3月28日(月)〜4月9日(土)
日曜・祝日・最終日は17:00まで
作家在廊日

3/28(月)〜4/3(日)、7(木)、9(土)の午後出席

※3/27(日)、4/10(日)は休廊させていただきます。

滝田一雄展 色のハーモニー
滝田一雄展 色のハーモニー
 「窓辺にて」油彩6号
滝田一雄展 色のハーモニー
 「花の形」 油彩6号
滝田一雄展 色のハーモニー
滝田一雄先生

滝田一雄展 色のハーモニー

鎮西直秀展 ―神秘の光彩2016―



Q 以前お話を伺った時、「絵はフォルムが第一」とおっしゃっていたのが印象的でした。
A 人物、風景、花、どのモチーフでも主題であるフォルムを色面構成によって追求しています。人物の場合、モデルを直接見ながら描くと本物に近づきすぎて生っぽくなってしまうので、クロッキーをもとにエスキースをつくって構成していきます。人物クロッキーはモデルさんに注文はつけず自由にポーズをとってもらい、いい形を見つけていきます。描きためたクロッキーが何千とあり、このポーズが絵になるかなと思ったら簡単なものから大作用まで何点もエスキースを描いておきます。

人物の背景は、かつては単なるバックとして平面化した色面のみで抽象的に扱っていましたが、ともすると作者不在の没個性的な表現になってしまうので、徐々にある程度、具象的な形を取り込んで、室内風景として描くようになってきました。
バックは抽象的に扱ったほうがむしろラクなんです。ところが、たとえば花もある程度形として残したいとなると、メインの人物に合うように花のフォルムや色のリズムを探らなければいけない。人物が後ろ向きの場合はそれほど気にならないですが、特に目鼻立ちを描くと顔の印象が強くなるので、さらに花もしっかり描きずぎてしま
うと、焦点がぼやけてまとまりづらくなる。
どこまで形を残してどこまで壊すか。色面のバックでも、ふわっと空気感を出す部分と、空気感を排してわざと輪郭を取り、色で形を留めるところと、全体のリズムと調和を図りながら、いかに主題のフォルムを出していくか。制作過程では常に行ったり来たりの葛藤の連続です。

即興性を大事に

 風景は、現場では、きれいなもの、面白いものをついみんな入れたくなり、説明過多になってしまいがちです。年月が経ってから描くほうが、余分な記憶が抜け落ちて一番印象深いイメージだけで追求できていいんです。それでも説明的になりすぎたらどんどん壊していきます。かといってあまり抽象に走りすぎないように、そのあたりのバランスは、風景でも花でも人物の室内風景と同様、苦心するところです。
完成作をイメージしてエスキースをつくって描き始めても、途中で色も構成もがらっと変えることはよくあります。その時の自分にとっての「いい形」が出てくるまで、感覚的にどんどん変えていく。いわばアドリブ的な即興性はすごく重要視しています。

・・・この続きは月刊一枚の繪4月号にて

 

TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。