創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
月刊一枚の繪 今月号のご案内
 
一枚の繪 11月号 2018
November No.567 
「一枚の繪」2018年11月号
表紙:葛西俊逸「秋の音色」
バックナンバー目次 >>
特別綴じ込み付録
則武保弘の秋冬を描く混色チャート 油彩編
「一枚の繪」2018年11月号
絵の描き方 麻布絵画塾
 大場再生の油彩画教室
 大久保佳代子の水彩画教室
 山本水葱のデッサン画教室
 田中博之の日本画教室
 仲川恭司の書道教室
 月刊一枚の繪コンクール 選者◎大久保佳代子
追悼特集 村田省蔵の絵と人生
「一枚の繪」2018年11月号
村田省蔵「冬野」油彩8号
連載
 今月の一句 大木あまり 絵・池田清明
 観の眼 美の散歩道 入江 観 
 見なお史日本近代絵画 こんな画家がいた! 野地耕一郎
 アーティスト・ナウ 大渕繁樹
 フォーカス・オン
岡江 伸―移りゆく季節を作品に込めて
アートニュース
大渕繁樹展/Novem(ノヴェム)展/
風のコンセール2018
伊藤尚尋 油彩画展/立川広己 油絵展/
岡江 伸 日本画展
個展案内 会場案内
  特集 錦秋のソナタ
 【取材記】
 伊藤尚尋が描く信州の紅葉
 南信州から木曽へ
 赤と黄の色彩の競演を追い求めて
「一枚の繪」2018年11月号
伊藤尚尋「銀杏並木」油彩P4号
水辺を彩る艶やかな色彩
 成田禎介/小林正二/稲越泉美/半澤 満/
 加知 満/小西 勝/鎮西直秀/中島裕司
「一枚の繪」2018年11月号
成田禎介「紅葉の森」油彩4号
「一枚の繪」2018年11月号
小林正二「紅葉の滝」油彩4号
「一枚の繪」2018年11月号
稲越泉美「清秋」日本画6号
「一枚の繪」2018年11月号
小西勝「秋映」油彩8号
秋色に染まる山々
 葛西俊逸/田原常崇/百瀬太虚/須藤和之/久保博孝
黄金にきらめく古都
 梅村 徹/加藤 修/吉野修一/立川広己/才村 啓/
 武田靖夫/野田訓宏/王 軍/服部譲司/姫野裕一
「一枚の繪」2018年11月号
加藤修「建仁寺の秋」油彩6号
「一枚の繪」2018年11月号
服部譲司「錦秋八ヶ岳山麓」油彩6号
  
 特集 イメージの森へ
既視感を覚える情景から生まれる画想
能島浜江
何か引っ掛かったことを言葉に書き出す
タイタニック号からさまざまなイメージが……

盒狭恵

あらゆる感動によって誘われる
五感で感じる日常のたくさんの「何か」描きとめる

中井智子

心の中に向けられた熱烈な探究心
見えない扉を開けるコツ

柏田良彰
心に残った素材をもとに
描いている中で何度も発展させる

六反田 英
個性的な猫たちと出会い
どんな風に生きてきたのか想像する

伊藤清子
 「一枚の繪」2018年7月号
伊藤清子「大首絵シリーズ:ミルク」日本画S3号
夢や時の流れに色褪せ朽ち消え行く
いとおしいものを描き残したい
藤岡しんたろう 
オリジナルからイメージへと変化する
布地という抽象絵画の色彩と模様

秋元由美子
音楽や祖母が遺したものたち
古い記憶を現在に遊ばせたい

田中章惠
 「一枚の繪」2018年7月号
田中章惠「華」油彩3号
古き物語からは風雅を
古き絵からは絵の表現を習う

たかはしびわ
近年のテーマは「浮遊感」
ふわふわを表現するためにしていること

平 千賀子
 「一枚の繪」2018年7月号
平千賀子「流れ星が降ってきた日」油彩3号
今まで蓄積した情報から
すべての要素を頭の中でイメージする

坂内和則
 
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。