コンクールに応募するコンクール

シェアする
一枚の繪では、3つの絵画コンクールを開催しています。『一枚の繪』誌上で行われている「一枚の繪コンクール」。年に一度のアマチュア画家の祭典「全国日曜画家コンクール」。プロ画家への登竜門「絵の現在選抜展」。ご自分の目標に合わせてぜひご応募ください。

一枚の繪コンクール

美術雑誌一枚の繪で毎号開催されている「一枚の繪コンクール」。優秀作品は誌面で発表され、また年間を通して特に優れた作品には「年間最優秀賞」が授与されます。すべての応募作品は、講評を添えて返却します。
みなさまのご応募おまちしています。

締切
偶数月末(当日消印有効)
審査料
1点につき3,500円(税込)
複数応募可、奇数月も応募可

一枚の繪コンクールについて詳しく読む

全国日曜画家コンクール

アマチュア画家を対象とした、年に一度の絵画コンクールです。応募資格は「日本国内に在住」「アマチュアである」ことのみ。もちろん年齢不問、歴代受賞者の中には90代で最高賞のグランプリに輝いた方も。油絵、水彩、日本画、パステル、デッサン、色鉛筆、ペン画など画材も自由。一枚の繪で活躍中の画家の先生方が審査にあたり、佳作以上の作品は東京・銀座の一枚の繪ギャラリーでの展覧会で展示されます。初心者からベテランまで、「年に一度の腕だめし」にふるってチャレンジしてください。

応募締支払締切
2022年4月30日(土)
作品受付期間
2022年5月6日(金)~11日(水)
応募料
9,000円(返送料含む)(税込)

全国日曜画家コンクールについて詳しく読む

絵の現在 選抜展

優れた才能を秘めた将来性のある画家の発掘を目的として、1972年に公募展「絵の現在 選抜展(旧・現代洋画精鋭選抜展)」を設立いたしました。日本の美術界に新しい旋風を起こし今回で45回目の開催となります。
全く派閥にとらわれることなく独自の道を歩み続けるこの選抜展は、正に画壇の異色の一角を成しています。

第45回選抜展の応募は締め切りました。
受賞作品の発表は、『一枚の繪』2022年10・11月号(9/21発売)誌上およびホームベージで予定しています。
また、次回第46回は2024年2月に応募開始の予定です。

絵の現在選抜展について詳しく読む